Event is FINISHED

6/26開催 SDGsビジネスプログラム【導入編】

Description

 20159月に世界193カ国が合意し、国連総会で採択された「持続可能な開発目標(SDGsSustainable Development Goals)」。このSDGsをイノベーションの機会として捉え、事業戦略に取り入れようとする動きが世界各国の企業で始まっています

 

 また、201711月に経団連が改定した「企業行動憲章」でもSDGsが前面に打ち出され、次のように、日本企業がとるべき行動とSDGsの関係が明確に定義されました。


 経団連が目指している、革新技術を最大限活用し、人々の暮らしや社会全体を最適化した未来社会『Society 5.0』は、SDGsの理念とも軌を一にするものである


 Japan Innovation Network (JIN)と国連開発計画 (UNDP)が共同で立ち上げた、ビジネスでSDGsの達成を目指すオープンイノベーション・プラットフォームSHIP (SDGs Holistic Innovation Platform)」では、20172月より、SDGsを起点にビジネス機会を探求する各種プログラムを開催してきました


  SDGsビジネスプログラム導入編は、SDGsのターゲットを深堀りし、自分の仕事との接点はどこか、SDGs起点でどうやってビジネスモデルを創出するかを知るプログラムです業種の参加者とディスカッションしながらSDGsについて理解を深め、イノベーションを興すきっかを一緒に作りましょう


■ ファシリテーター
Japan Innovation Network ディレクター 小原愛
UNDP駐日代表事務所 民間連携コンサルタント 石田ともみ


■アジェンダ
<インプット:40分間>

・SDGs達成に向けたUNDPの民間連携策

・イノベーションとは?イノベーションを興すプロセス

・SDGsはなぜイノベーションの機会か?

・ビジネスモデルとは?ビジネスモデルの組み立て方

<ワークショップ:80分間>

・SDGsのターゲット(課題)を分解する

・分解した課題を解決するビジネスモデルを創出する

<ネットワーキング:30分間>


【SHIPプログラムの参加者の声より】
■自社のビジネスと直接関係のある1つのSDGsゴールにしか貢献できないと思い込んでいたが、そうではないことがわかった。

17ゴールの関連性を意識することにより、新たな視点が生まれた。

短時間でSDGsの17のゴールが理解でき、ビジネスや自社の事業との関連性やビジネスの仮説づくりの考え方のヒントを学べた。

※請求書払いをご希望の方は、SHIP事務局までご連絡ください。

SHIP事務局(ship@ji-network.org)

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#347615 2018-06-22 07:47:35
More updates
Tue Jun 26, 2018
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥4,320
Venue Address
中央区⽇本橋本町3-3-3 Clipニホンバシビル1階 Japan
Organizer
SHIP(SDGs Holistic Innovation Platform)
506 Followers